シルエット silhouette

 

1964年に、アーノルド・シュミットがA.Schmied KGという会社 ー今日のSilhouette International Schmied Gmb H&COKGー を設立しました。
それにより、フレーム製造に革命をもたらしました。
以前は単なる医療器具と考えられていたものを、 革新的な技術進歩を高めながら未来派のアイウエアによってファッションを作り出すという 発明がシルエットを進歩的なデザインや独占的な製造技術のトレンドセッターへと変化させました。 シルエット社は年間約80の新モデルとこれまでの継続モデル200モデルにより2000のオプションから お客様に自分自身の”パーソナル”デザインを選択することを可能にしました。 それは一人一人の顔の特徴を一人の人間として表情に浮かび上がらせることにより、 フレームはファッションアピールと掛けた人の個性両面を満たすことができます。 フレームと掛ける人のスタイル・好み・性格との良いバランスを作り出すために、 各コレクションを3つのライフスタイルワールドに分けました。アパレル、ジュエリー 、コスメなどのカラートレンドを研究し、500色のカラーの中からパーソナルカラーを提供しています。

ウィーンの名門芸術アカデミーでインテリアなどを学び、バウハウスの影響を強く受けた。

卒業後、家具・陶器・クリスタルガラス・シャンデリアなどのデザインに携わり、

フリーのデザイナーとして働いた。

ある時、眼鏡のデザインを依頼され手掛けたところそれが

大ヒットし、美意識が眼鏡のデザインに向けられる。

その後、1975 年ドイツでEYEWEAR プランド"CAZAL" を発表することとなる。

" 建築は人間の全体を捉えてデザインされ、その後人間は、建築の細部で生かされている。

眼鏡はそれと反対で、人間の一部である目元をまず捉え、それが人間の全体に影響を及ぼすのである。

フレームを創造する可能性は、一見とても小さなものに思えるが、

人全体に及ぼす影響は非常に大きいのです。

" とツァローに氏は言う。

独自のラインに美しいフォルム。個性の主張を瞳に持たせたデザインは、カザールならではのもの。

ドイツで生まれた鮮やかなスタイルは、アメリカをはじめ多くのアーティスト、

ミュージシャン、俳優が愛用しています。

また1999 年、2000 年、2003 年のアイウェア・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。

シルエット silhouette イメージ イトイ(ITOI)本店 新田店 ラフィン店